かけがえのない命について考えた

テレビで出産とがんの事について放送していました。

病院

妊娠したくてもなかなか出来なくて、8年の不妊治療を経て、やっと妊娠した人がいます。

子供を自然に授かる事は当たり前ではなく、幸せな事なのです。

不妊症は女性だけでなく、男性もなるそうです。男性の場合は治療法があるものの、成功率はわずか40%。遺伝子が見つかるのが、5人中2人と言われています。

難しい場合、顕微授精をされる方が多いようです。

出産の事も放送されていました。4年前に出産をした私にとっては、懐かしいです。

私は陣痛促進剤を打って出産したので、かなり陣痛が酷かったです。

出産前にダウン症かどうかわかる検査というのもあるそうです。今時の治療は素晴らしいですね。何でもわかるんですね。

昔はそんなに医療は発達しておらず、出産は自然分娩ばかりだったのかなと思います。

高齢出産になるとリスクがどんどん高くなります。

私ももう一人産みたいです。ただ、旦那が協力してくれるまでです。それまでは愛を大事に育みたいです。

私が働いている店長のお嫁さんは長男が1歳半になる前に双子を授かりました。出来やすいのも大変だとも思いました。

自分の時間がますますなくなります。私は上の子がある程度落ち着いてきたら、旦那に相談しながら計画を立てたいと思います。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする